12750円,kinnon.tv,/Germanism1876901.html,64-0109-13 [取扱停止]マイクロチップ 16bit 40MHz DSP 6x12bit ADC 28-Pin QFN S DSPIC33FJ128MC802-I/MM,研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , 電子部品・電源・コネクタ , 半導体 , プロセッサ・マイクロコントローラ , カテゴリ一覧 , 研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , アールエスコンポーネンツ 64-0109-13 取扱停止 マイクロチップ 16bit 40MHz DSP 6x12bit S DSPIC33FJ128MC802-I ADC 28-Pin QFN MM 【SALE/58%OFF】 12750円,kinnon.tv,/Germanism1876901.html,64-0109-13 [取扱停止]マイクロチップ 16bit 40MHz DSP 6x12bit ADC 28-Pin QFN S DSPIC33FJ128MC802-I/MM,研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , 電子部品・電源・コネクタ , 半導体 , プロセッサ・マイクロコントローラ , カテゴリ一覧 , 研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , アールエスコンポーネンツ 12750円 64-0109-13 [取扱停止]マイクロチップ 16bit 40MHz DSP 6x12bit ADC 28-Pin QFN S DSPIC33FJ128MC802-I/MM 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 電子部品・電源・コネクタ 半導体 プロセッサ・マイクロコントローラ カテゴリ一覧 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 アールエスコンポーネンツ 12750円 64-0109-13 [取扱停止]マイクロチップ 16bit 40MHz DSP 6x12bit ADC 28-Pin QFN S DSPIC33FJ128MC802-I/MM 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 電子部品・電源・コネクタ 半導体 プロセッサ・マイクロコントローラ カテゴリ一覧 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 アールエスコンポーネンツ 64-0109-13 取扱停止 マイクロチップ 16bit 40MHz DSP 6x12bit S DSPIC33FJ128MC802-I ADC 28-Pin QFN MM 【SALE/58%OFF】

64-0109-13 取扱停止 マイクロチップ 16bit 40MHz DSP 6x12bit 【SALE/60%OFF】 S DSPIC33FJ128MC802-I ADC 28-Pin QFN MM SALE 58%OFF

64-0109-13 [取扱停止]マイクロチップ 16bit 40MHz DSP 6x12bit ADC 28-Pin QFN S DSPIC33FJ128MC802-I/MM

12750円

64-0109-13 [取扱停止]マイクロチップ 16bit 40MHz DSP 6x12bit ADC 28-Pin QFN S DSPIC33FJ128MC802-I/MM

特徴

  • dsPIC33Fデジタルシグナルコントローラ
  • dsPIC33Fデジタル信号コントローラは、MSUの簡易性を備えたDSPを提供します。 40MIPS dsPIC33Fコアは、デジタルフィルタアルゴリズム、高速の精密デジタル制御ループ、そしてスピーチ処理の実行を目的として設計されています。 モータ制御周辺機器を持つdsPIC33F DSCは、高性能の、精密モータ制御システムの設計を可能にします。 dsPIC33F SMPS DSCは、高性能のデジタル電源用に特別に設計されたオンチップ周辺機器を提供します。 SMPS周辺機器には、高速高解像度PWM、高速ADC、アナログコンパレータが含まれます。

仕様

  • 入数:1チューブ(61個入)
  • 最大周波数:40MHz
  • データバス幅:16bit
  • RAMサイズ:16 kB
  • インストラクションセットアーキテクチャ:RISC
  • プログラムメモリサイズ:128 kB
  • プログラムメモリタイプ:フラッシュ
  • 実装タイプ:表面実装
  • パッケージタイプ:QFN S
  • ピン数:28
  • 標準動作供給電圧:3.3 V
  • UARTチャンネル数:2
  • 動作温度 Min:-40 °C
  • RoHS適合状況:適合
  • コード番号:178-4981

64-0109-13 [取扱停止]マイクロチップ 16bit 40MHz DSP 6x12bit ADC 28-Pin QFN S DSPIC33FJ128MC802-I/MM

2022年4月11日 (月)

「日銀支店長会議と円安、金融緩和発言」

「日銀支店長会議と円安、金融緩和発言」


*黒田総裁

・CPIは当面、エネルギー価格の大幅上昇などでプラス幅をはっきりと拡大する
・量的・質的金融緩和を継続する
・マネタリーベースはコアCPIの前年比上昇率の実績値が安定的に2%超えるまで拡大方針を継続する
・以前から、円安は総合的にはメリットが大きいと発言している(以下の日銀支店長らもほぼ同意見)


*内田理事

・為替はファンダメンタルズを反映して変動するのが良い
・強力な緩和策を最も重要な経済支援として維持する
・CPIは4月から約2%へ上昇する可能性

(さくらリポート)

・9地域中8地域で景気判断下げ ウクライナ危機や円安に警戒感

(為替についての発言)

・高口大阪支店長=円安は関西経済全体にとってプラスに作用する面が大きい 
・林名古屋支店長=為替の円安そのものがダイレクトに響くということはないと思うが、原材料価格やエネルギー価格の上昇に上乗せする形になっていく可能性がある
・冨田福岡支店長=為替の変動スピードが急激だと、企業の経営者は先々の事業計画が策定しづらいとの声が一部で聞かれた

|

64-7211-03 焼入ラック SRFD3-2000HLJ

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

*ドル円「3日連続陰線後、6日連続陽線で切り返し中」

日足、3月28日の高値へ向けて6日連続陽線。3月28日-4月8日の下降ラインが上値抵抗。4月7日-8日の上昇ラインがサポート。5日線、20日線上向き。
週足、5週連続陽線。3月28日週は短い陽線だが長い上ヒゲを残したが先週は上昇。ボリバン2σと3σ上限の間に位置する。3月28日週-4月4日週の上昇ラインがサポート。3月28日週-4月4日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、ボリバン3σ上限を越える上昇。5か月線から反発。1月-3月の上昇ラインがサポート。1月-2月の下降ラインを上抜く。3月は上ヒゲが長くなったが4月はその上ヒゲへ向かって上昇。雲の上。
年足、2021年は6年ぶり陽線。今年もここまで陽線。15年-20年の下降ラインを上抜く。20年-21年の上昇ラインがサポート。15年-21年の下降ラインを上抜く。

*ユーロドル「ボリバン2σ上限から反落」

日足、ボリバン2σ上限から2σ下限まで下落。4月7日-8日の下降ラインが上値抵抗。3月7日-4月81日の上昇ラインがサポート。5日線下向き、20日線上向き。
週足、ボリバン3σ下限から反発もボリバン中位以上は維持できず下落。3月28日週-4月4日週の下降ラインが上値抵抗。3月7日週-4月4日週の上昇ラインがサポート。5週線、20週線下向き。
月足、1月、2月は雲の上に出きれず、3月急落。ボリバン3σ下限で下げ止まり反発も4月は再び2σ下限へ。2月-3月の下降ラインが上値抵抗。
年足、20年‐21年の上昇ラインを下抜く。17年-20年の上昇ラインがサポート。14年‐21年の下降ラインが上値抵抗。

*ユーロ円「ボリバン2σ上限から反落」

日足、3月28日の年初来高値の137.527からは反落も、134円前半で下げ止まる。4月5日-8日の上昇ラインがサポート。3月31日-4月8日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向き、20日線上向き。
週足、ボリバン3σ下限から反発、一時3σ上限上抜く。雲の上に出る。3月28日週は上ヒゲが長い。3月21日週-4月4日週の上昇ラインがサポート。3月28日週-4月4日週の下降ラインが上値抵抗。
5週線上向き、20週線も上向く。
月足、1月、2月は陰線。2月の長い上ヒゲで3月急落も下ヒゲで急回復。ボリバン上限へ。20年5月-22年3月の上昇ラインがサポート。21年10月-22年2月の下降ラインを上抜く。
年足、2年連続陽線。今年も3月に陽転。14年-21年の下降ラインを上抜く。12年-20年の上昇ラインがサポート。

*南アランド円「ボリバン2σ上限から反落も8.40あたりで横ばい推移」

日足、ボリバン2σ上限から反落。5日線上向き、20日線上向き。4月7日-8日の上昇ラインがサポート。3月28日-4月8日の下降ラインが上値抵抗。
週足、ボリバン3σ上限に達す。3月28日週-4月4日週の上昇ラインがサポート。3月28日週-4月4日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、雲の上に上昇、一気にボリバン2σ上限越える。21年10月-22年2月の下降ラインを上抜く。1月-3月の上昇ラインがサポート。
年足、21年はかろうじて陽線。22年も陽線スタート。18年-21年の下降ラインを上抜く。20年-21年の上昇ラインがサポート。

|

2022年3月25日 (金)

「G7首脳会議声明」と「バイデン大統領記者会見」

「G7首脳会議声明」

・ロシア軍による、ウクライナ国民と病院や学校を含む公共インフラへの攻撃を非難し、国際刑事裁判所が戦争犯罪の証拠を収集するのに協力する
・ロシアに軍の撤退を要求するとともに、ウクライナと周辺の国への人道支援を強化し、国外へ避難した人の受け入れや保護などに関与していく
・ロシアに対して、原子力施設を危険にさらすいかなる行動も控えるよう求めているほか、生物・化学兵器や核兵器を使用しないよう警告する。
・ロシアのエネルギーへの依存度を下げる取り組みをさらに進める
・世界的な食糧危機を防ぐために必要な行動を取る
・国際機関や多国間の枠組みはロシアに対してこれまでどおりに対応すべきではない
・ロシアを孤立させるよう国際社会に一致した対応を呼びかける


(バイデン大統領記者会見)

・NATOがきょうほど結束した日はない
・ロシアがウクライナに対して化学兵器を使用した場合には「相応の対応をとる」

・NATOが軍事的な行動をとる可能性については「そのときに判断する」
・インドネシアで行われる予定のG20ではロシアを排除すべきだとし、それが難しければウクライナも参加させるべき
・中国は経済面で、自分たちの将来がロシアよりも西側諸国と密接に関わっていることを理解していると思う。だから中国はロシアを支援しないと期待している
・アメリカが、ウクライナへの人道支援として新たに10億ドル以上を拠出することや、ウクライナからの避難者10万人を受け入れる

|

2022年3月21日 (月)

「G20成長見通し下方修正 ムーディーズ」

「G20成長見通し下方修正 ムーディーズ」
 
・2022年のG20経済成長見通しは3.6%で、2月の4.3%から下方修正
・2023年にはさらに3%に減速すると予想
 
・ロシアは、ウクライナ侵攻前の2022年の2%と23年の1.5%の成長予測から、それぞれマイナス7%、マイナス3%へ
 
・G20先進国のインフレ期待は、2022年末の平均で1.8%上方修正、G20新興市場国では、平均3.5%上方修正

|

2022年2月28日 (月)

「SWIFT止めると、止めた方も大変」

「SWIFT止めると、止めた方も大変」

今回のように銀行業務で2度決済停止の経験がある

①フィリピン経済危機の時にシティマニラにドル預金を預けていたが
 フィリピンがドルの支払いを制限したために満期にドルが戻ってこなかった

 シティバンクの責任ではなくフィリピン国の判断
 1年くらいで戻ってきたように思う

 
②為替で中東の銀行(アブダビかな)とポンド取引
 こちらのポンド買いドル売り
 東京でドルを支払った後で、アブダビの支払い制限があり
ポンドの入金が1年ほどなかった

 ということでSWIFT止めるといろいろ支障が出てくるでしょう
ただ平和優先なので踏み切ったのでしょう

 参考 独ヘルシュタット事件

|

2022年2月16日 (水)

「独露首脳会談を終えて」 小康だが解決ではない=ロシア下院は

「独露首脳会談を終えて」

*プーチン大統領

・ショルツ独首相との会談は実務的だった、ロシアの安全保障計画について両首脳が率直に意見を交換したと語った。
・ウクライナ東部ドンバス地方の状況は「ジェノサイド」だとし、ミンスク和平合意の履行を通じて解消するよう求めた。
・ノルドストリーム2は純粋に商業的なプロジェクト、政治も政治的な色合いもない
・ロシア国営天然ガス会社ガスプロムが、ドイツのシュレーダー元首相を取締役候補に指名する決定を歓迎


*ショルツ独首相=ロシア軍の一部撤退を歓迎。状況がいかに困難で深刻そうに見えても、望みがないとは言わない

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*ロシア下院=ウクライナ東部の親ロシア派が実行支配する2地域の独立を承認するようプーチン大統領に要請する案の採決を行い、承認した。

 (ウクライナ東部ドンバス地域の「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の独立が承認されれば、ウクライナ東部の停戦と和平への道筋を示した2015年の「ミンスク合意」が根底から覆されるため、ロシアと西側諸国との間の対立が一段と深まる恐れがある)


*NATO=欧州南東部への軍配備検討 今週の国防相理事会で 

*英、ロシア企業の資金調達禁止を警告 ウクライナ侵攻なら=英国は、ロシアがウクライナに侵攻した場合はロシア企業のロンドンでの資金調達を禁止し、不動産や企業の所有権を公開すると警告

*岸田首相=ウクライナに1億ドル規模を借款で支援 

*ウクライナ国防省にサイバー攻撃、ウェブサイトにアクセスできず 

|

2022年2月 9日 (水)

お金の問題? 「仁義なきロシア・ウクライナガス抗争」 ウクライナ緊張 ガスを抜き取るな  

「仁義なきロシア・ウクライナガス抗争」


*ソ連崩壊後の天然ガスの供給・料金設定をめぐる争い

*ロシアはウクライナを含む独立国家共同体諸国に対しては、割安な価格で供給していた

*ウクライナ側はソ連時代から再三ロシアに無断でのガスの抜き取りを行っていた。特に、ソ連崩壊後の
 1990年代初頭は料金不払い・無断抜き取りが多発していたため、幾度にもわたるガス供給停止が発生

*ロシア側がウクライナとの貿易において代金の不払いを行った過去がある

*ベラルーシ料金は1,000立方メートルあたり46.5ドル
*ウクライナに対しては1,000立方メートルあたり現行50.0ドルから改訂後160.0ドル(後に交渉過程で230.0ドルに上昇)へ大幅な上昇を伴う料金改定が提示されたことから、交渉は紛糾状態

*2006年、ガスプロム社がウクライナ向けのガス供給を停止。ただし、ウクライナ向けのガス供給は、対欧州連合諸国向けと同じパイプラインで行われていたため、EU諸国向けの供給量からウクライナ向けの供給量の30%を削減する形で行われた。ウクライナ側は、これを無視する形でガスの取得を続行。たちまちパイプライン末端にある欧州連合諸国へ提供されるガス圧は低下し、各国は大混乱となった。1月4日、中間業者を介在させることを条件に、95ドルの価格設定で供給を再開する妥協をみた。

*ウクライナへのガス供給が停止すると真っ先に深刻な影響を被るのはEU諸国であるということが判明したため、今後の各国は対応に迫られている

*その後もウクライナの滞納問題は続く 止めると欧州への供給に打撃

*2014年 プーチン大統領は、ウクライナ経由でガス供給を行っているスロバキアなどの東欧諸国に対し、ウクライナがガス料金を支払わなければ6月1日以降、ガスの供給を行わない可能性を通知[7]。ロシアがウクライナのガス問題を国際化させる 。欧州委員会が仲介に入る

|

2022年1月24日 (月)

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」&南アランド円

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

*ドル円「5日線・20日線下向き。日足はボリバン2σ下限も週足は上ヒゲ長く売り圧力あり」

日足、ボリバン3σ上限から2σ下限まで下落。ボリバン中位まで戻すも再びボリバン下限まで下落。雲中へ。1月20日-21日の下降ラインが上値抵抗。1月14日-21日の上昇ラインがサポート。5日線、20日線下向き。
週足、ボリバン2σ上限から2週連続陰線。1月3日と1月17日週は長い上ヒゲ。1月10日週-17日週の下降ラインが上値抵抗。11月29日週-1月10日週の上昇ラインがサポート。雲の上。ボリバン上位。
月足、ボリバン2σ上限から下落。今月はここまで陰線。10月-12月の上昇ラインがサポート。雲の上。
年足、2021年は6年ぶり陽線。2022年は陰線スタート。15年-20年の下降ラインを上抜く。20年-21年の上昇ラインがサポート。15年-21年の下降ラインを上抜く。

*ユーロドル「5日線が20日線を下抜く」

日足、一時雲の上に出るが維持できず雲下限まで下落。1月10日-21日の上昇ラインがサポート。1月20日-21日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向き、20日線を下抜く。
週足、切れ上がってきたがボリバン中位から反落。1月10日週-17日週の上昇ラインがサポート。1月10日週-17日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、12月は5か月ぶり陽線も雲の下。今月は陰転。11月-12月の上昇ラインがサポート。10月-11月の下降ラインが上値抵抗。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。20年‐21年の上昇ラインを下抜いている。17年-20年の上昇ラインがサポート。14年‐21年の下降ラインが上値抵抗。

*ユーロ円「ユーロドル同様に5日線が20日線を下抜く」

日足、ボリバン2σ上限から反落、一時3σ下限近くへ。一時雲の下へも出る。12月20日-1月21日の上昇ラインがサポート。1月20日-21日の下降ラインが上値抵抗。5日線、20日線下向き。5日線が20日線を下抜く
週足、連続陰線。一時雲上へ出るも再び雲中へ下落。12月20日週-1月17日週の上昇ラインがサポート。1月10日週-17日週の下降ラインが上値抵抗。ボリバン下位へ。
月足、1月は上昇スタートも陰転。ボリバン中位からは反発。21年10月-11月の下降ラインが上値抵抗。20年5月-21年12月の上昇ラインがサポート。
年足、2年連続陽線。今年は陰線スタート。20年-21年の上昇ラインを下抜く。14年-21年の下降ラインが上値抵抗。12年-20年の上昇ラインがサポート。


*南アランド円「ボリバン2σ上限、雲の上へ」

日足、ボリバン中位から反発し2σ上限へ。1月20日-21日の上昇ラインがサポート。1月20日-21日の下降ラインが上値抵抗。5日線上向き。雲の上に。
週足、ボリバン中位越える。1月10日週-17日週の上昇ラインがサポート。10月18日週-1月17日週の下降ラインが上値抵抗。雲中。
月足、10月の長い上ヒゲから弱いがボリバン中位で反発。21年11月-12月の下降ラインが上値抵抗だが上抜く。11月-12月の上昇ラインがサポート。21年6月-10月の下降ラインが上値抵抗。
年足、21年はかろうじて陽線。22年も陽線スタート。18年-21年の下降ラインが上値抵抗。20年-21年の上昇ラインがサポート。

|

2021年12月13日 (月)

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル&南アランド円」

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル&南アランド円」

*ドル円「かろうじて雲の上に留まる。20日線は上抜けず」

日足、かろうじて雲の上に留まる。5日線は上向く。12月8日-10日の下降ラインが上値抵抗。12月6日-10日の上昇ラインがサポート。
週足、11月22日週の上ヒゲの長い陰線が効いていて上昇せず。11月22日週-12月6日週の下降ラインが上値抵抗。11月29日週-12月6日週の上昇ラインがサポート。
月足、11月は上ヒゲの長いカブセ的な陰線。ボリバン2σ上限越えから下落。21年10月-11月の上昇ラインを下抜く。21年8月-9月の上昇ラインがサポート。雲の上。
年足、2020年まで5年連続年足陰線だが、今年はここまで陽線。15年-20年の下降ラインを上抜く。16-20年の上昇ラインがサポート。

*ユーロドル「5日線上向き、ボリバン中位越え」

日足、ボリバン中位を僅かに越える。12月7日-12月10日の上昇ラインがサポート。12月9日-10日の下降ラインが上値抵抗。5日線上向く。
週足、3週連続陽線でボリバン内へ。11月29日週-12月6日週の下降ラインが上値抵抗。11月22日週-12月6日週の上昇ラインがサポート。
月足、4か月連続陰線と弱い。12月も陰線スタート。雲の下。20年3月-21年11月の上昇ラインがサポート。21年10月-11月の下降ラインが上値抵抗。ボリバン2σ下限近い。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。17年‐20年の上昇ラインがサポート。14年‐20年の下降ラインも上抜いたが下抜き返す。

*ユーロ円「8週ぶり週足陽線。日足では5日線上向く」

日足、一時ボリバン中位へ戻すも先週末反落。12月3日-10日の上昇ラインがサポート。12月9日-10日の下降ラインが上値抵抗。5日線上向く。雲の下。
週足、8週ぶりに陽線。11月29日週-12月6日週の上昇ラインがサポート。11月22日週-12月6日週の下降ラインが上値抵抗。雲中。
月足、11月は大陰線。ボリバン中位で留まる。21年10月-11月の下降ラインが上値抵抗。20年5月-21年11月の上昇ラインを一時下抜く。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。16年-20年の上昇ラインがサポート。15年-18年の下降ラインも上抜くも長い上ヒゲを出し戻ってきた。

*南アランド円「一時ボリバン中位へ戻すも先週後半反落」

日足、一時ボリバン中位へ戻すも先週後半反落。12月3日-12月10日の上昇ラインがサポート。12月9日-10日の下降ラインが上値抵抗。5日線上向く。
週足、ボリバン2σ下限から反発も先週は上ヒゲが長い。11月29日週-12月6日週の上昇ラインがサポート。11月15日週-12月6日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、10月の長い上ヒゲから弱い。21年10月-11月の下降ラインが上値抵抗。21年1月-11の上昇ラインがサポート。
年足、18年-20年の下降ラインを上抜くが下抜き返す。15年-18年の下降ラインが上値抵抗。今月陰転。

 

 

|

2021年12月 6日 (月)

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル&南アランド円」

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

*ドル円「5日線が20日線を下抜き、9月23日以来の雲中へ下落。週足、月足で上ヒゲの長い陰線」

日足、5日線が20日線を下抜き、雲中へ落ちる。11月26日-12月3日の下降ラインが上値抵抗。11月30日-12月3日の上昇ラインがサポート。5日線下向き。9月23日以来の雲中へ下落。
週足、11月22日週の上ヒゲの長い陰線の後も陰線。11月22日週-29日週の下降ラインが上値抵抗。9月20日週-11月29日週の上昇ラインがサポート。ボリバン中位に近づく。
月足、11月は上ヒゲの長いカブセ的な陰線。12月も陰線スタート。ボリバン2σ上限越えから下落。21年10月-11月の上昇ラインを下抜く。21年8月-9月の上昇ラインがサポート。雲の上。
年足、2020年まで5年連続年足陰線だが、今年はここまで陽線。15年-20年の下降ラインを上抜く。16-20年の上昇ラインがサポート。

*ユーロドル「ボリバン2σ下限から反発もボリバン中位に阻まれじり安」

日足、ボリバン2σ下限から反発もボリバン中位に阻まれじり安。11月30日-12月3日の上昇ラインがサポート。11月30日-12月3日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向く。
週足、2週連続陽線でボリバン内へ戻る。11月8日週-29日週の下降ラインが上値抵抗。11月22日週-29日週の上昇ラインがサポート。
月足、4か月連続陰線と弱い。12月も陰線スタート。雲の下。20年3月-21年11月の上昇ラインがサポート。21年10月-11月の下降ラインが上値抵抗。ボリバン2σ下限近い。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。17年‐20年の上昇ラインがサポート。14年‐20年の下降ラインも上抜いたが下抜き返す。


*ユーロ円「7週連続陰線でボリバン2σ上限から下限へ下落」

日足、ボリバン2σ下限で推移。12月1日-3日の下降ラインが上値抵抗。ボリバン2σ下限は127.14。5日線下向き。雲の下。
週足、7週連続陰線でボリバン2σ上限から下限へ下落。11月22週は上ヒゲが長い。11月22日週-29日週の下降ラインが上値抵抗。1月18日週-11月29日週の上昇ラインがサポート。雲中。
月足、11月は大陰線。12月も陰線スタートでボリバン中位へ。21年10月-11月の下降ラインが上値抵抗。20年5月-21年11月の上昇ラインを下抜く。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。16年-20年の上昇ラインがサポート。15年-18年の下降ラインも上抜くも長い上ヒゲを出し戻ってきた。

*南アランド円「11月26日の大陰線のレンジ内で動く」

日足、11月26日の大陰線のレンジ内で動く。ボリバン下位。11月30日-12月3日の上昇ラインがサポート。12月1日-3日の下降ラインが上値抵抗。5日線上向く。
週足、3週連続陰線。先週はほぼ寄り引き同時。雲の下。ボリバン2σ下限。11月22日週-29日週の上昇ラインがサポート。11月22日週-29日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、10月の長い上ヒゲから弱い。21年10月-11月の下降ラインが上値抵抗。21年1月-11の上昇ラインがサポート。
年足、18年-20年の下降ラインを上抜くが下抜き返す。15年-18年の下降ラインが上値抵抗。今月陰転。

|

2021年11月27日 (土)

先週11/22の円相場見通し通り円高となったが、株安は当たってほしくなかった ヘッジ不足

総括「世界が原油高対策へ動く。年初来の円安基調が変るか」 11/22

*円「通貨11位(11位)、株価12位(11位)、米中主導の原油高対策は円高要因。日本は何で儲けるかのビジョンが見えなかった経済対策」

 年間11位の円も今月は3位と健闘している。ただ米ドルが円より強いので円安感はあるが、コロナ感染者増加のユーロや資源通貨の下落で円が全体では上昇している。原油(WTI)価格は今月9.13%下落している。原油価格下落は米中の石油備蓄放出によるものだ。持続性は不明だが影響は小さくなさそうだ。バイデン政権は石油を大量に消費する一部の国に対して、価格を引き下げ景気回復を後押しするための協調した取り組みとして石油備蓄の放出を検討するよう要請した。


 今年の円安の要因は貿易赤字ではない。貿易収支は漸くフラットとなったばかりだ。一番の大きな要因は外貨投信が約10兆円増加していることだろう。貿易は輸出は半導体不足で自動車輸出が減少、輸入は原油高で原油輸入額が増加している。原油価格が下落すれば円高要因となる。半導体不足はまだ解消しそうもない。


 過去最大の景気対策が消費に結びつくかどうかはわからない。金融所得課税の見直しについて、今年は議論しないとされたが、将来引き上げるなら株価への不安が付きまとう。製造業はそのシェアーが中国に奪われたり工場の海外進出に繋がるとすれば、重点を置きたいのは金融立国だが、その方向性は見られなかったのは残念だ。株価を引き上げずして繫栄も円安もない。

|

2021年11月22日 (月)

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル&南アランド」

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル&南アランド

*ドル円「114中心で揉みあい。5日線が20日線を上抜き両者上向きに。週足上ヒゲ長い」

日足、5日線が20日線を上抜き両者上向きに。11月10日-19日の上昇ラインがサポート。11月17日-19日の下降ラインが上値抵抗。
週足、10月18日週にボリバン3σ上限越えて反落も114円中心にもみ合い。先週は上ヒゲ長い。11月8日週-15日週の上昇ラインがサポート。2σ上限が上値抵抗。雲の上。
月足、21年9月-10月の上昇ラインがサポート。雲の上。ボリバン3σ上限近辺から反落も下ヒゲを残し盛り返している
年足、2020年まで5年連続年足陰線だが、今年はここまで陽線。15年-20年の下降ラインを上抜く。16-20年の上昇ラインがサポート。

*ユーロドル「ボリバン2σ下限に沿って弱い」

日足、ボリバン一時2σ下限を下抜く。11月10日-19日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向き。
週足、雲の下へ落ちる。ボリバン3σ下限に到達。11月8日週-15日週の下降ラインが上値抵抗。3σ下限は1.1235。
月足、10月最終日に陰転。11月はここまで大陰線。ボリバン中位以下。21年6月-9月の下降ラインが上値抵抗。サポートは2σ下限。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。17年‐20年の上昇ラインがサポート。14年‐20年の下降ラインも上抜いたが下抜き返す。


*ユーロ円「5週連続週足陰線、日足はボリバン2σ下限に沿って下落継続」

日足、ボリバン2σ下限に沿って下落。3σ下限がサポート。11月10日-19日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向き。
週足、5週連続陰線。漸く実体比少し短いが下ヒゲが出る。11月8日週-15週の下降ラインが上値抵抗。1月18日週-11月15日週の上昇ラインがサポート。ボリバン2σ下限に一時到達。雲中。
月足、10月は5か月ぶり陽線。今月大陰線。9月-10月の上昇ラインを下抜く。6月-10月の下降ラインが上値抵抗。雲の上。
年足、18年-19年の下降ラインを上抜く。16年-20年の上昇ラインがサポート。15年-18年の下降ラインも上抜く。

 

*南アランド円「弱い。雲の下、2σ下限へ」

日足、ボリバン2σ下限へ。雲の下。2σ下限がサポート出来るか。11月18日-19日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向き。
週足、雲中へ下落。8月16日週-11月15日週の上昇ラインがサポート。11月8日週-15日週の下降ラインが上値抵抗。ボリバン2σ下限に到達。
月足、11月は陰転。雲に一時突入も反落。20年8月-10月の上昇ラインを下抜く。20年4月-5月の上昇ラインがサポート。21年6月-10月の下降ラインが上値抵抗。10月上ヒゲ長いことが11月の下落に影響。
年足、18年-20年の下降ラインを上抜くが下抜き返す。15年-18年の下降ラインが上値抵抗。

|

«来週もEnjoy!! 米中首脳会談 米墨加首脳会談 外債利払い 日 GDP 貿易統計  さらには