135円 64-0226-27 基板接続用ヘッダ MTA-156シリーズ 3極 3.96mm 1列 ストレート 640388-3 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 電子部品・電源・コネクタ コネクタ PCBコネクタ カテゴリ一覧 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 アールエスコンポーネンツ 135円 64-0226-27 基板接続用ヘッダ MTA-156シリーズ 3極 3.96mm 1列 ストレート 640388-3 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 電子部品・電源・コネクタ コネクタ PCBコネクタ カテゴリ一覧 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 アールエスコンポーネンツ 64-0226-27 基板接続用ヘッダ MTA-156シリーズ 3極 100%の保証 ストレート 1列 640388-3 3.96mm 64-0226-27 基板接続用ヘッダ MTA-156シリーズ 3極 100%の保証 ストレート 1列 640388-3 3.96mm 64-0226-27 基板接続用ヘッダ MTA-156シリーズ 3極 3.96mm 1列 ストレート 640388-3,135円,/cremationism1865173.html,研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , 電子部品・電源・コネクタ , コネクタ , PCBコネクタ , カテゴリ一覧 , 研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , アールエスコンポーネンツ,kinnon.tv 64-0226-27 基板接続用ヘッダ MTA-156シリーズ 3極 3.96mm 1列 ストレート 640388-3,135円,/cremationism1865173.html,研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , 電子部品・電源・コネクタ , コネクタ , PCBコネクタ , カテゴリ一覧 , 研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , アールエスコンポーネンツ,kinnon.tv

64-0226-27 基板接続用ヘッダ MTA-156シリーズ 3極 100%の保証 ストレート お気に入 1列 640388-3 3.96mm

64-0226-27 基板接続用ヘッダ MTA-156シリーズ 3極 3.96mm 1列 ストレート 640388-3

135円

64-0226-27 基板接続用ヘッダ MTA-156シリーズ 3極 3.96mm 1列 ストレート 640388-3

特徴

  • TE Connectivity 3.96 mm MTA-156フリクションロック付き基板ヘッダ
  • MTA-156シュラウドなし基板ヘッダで、MTA-156 IDCコネクタとともに使用してさまざまな用途で大量の電線を終端処理することができます。これらのMTA-156ヘッダは、エンドツーエンドスタッカブルで、確実なかん合接続を実現するフリクションロック機構を備えています。垂直及びライトアングル取り付けタイプのMTA-156ヘッダを用意しています。
  • 特長と利点:IDCコネクタとともに使用することで大量の電線の終端処理に要するコストを削減可能 エンドツーエンドスタッカブル 確実なかん合接続を実現するフリクションロック機構
  • 用途:これらのMTA-156基板ヘッダは、さまざまな用途で大量の電線を終端処理する場合に適しています。自動車産業では、これらのコネクタはボディシステム、シャーシシステム、ドライバ情報、安全及びセキュリティシステムで使用できます。コンピュータ及び家電産業での用途としては、デスクトップPC、ノートブック、サーバー、ストレージ、及びワークステーションがあります。

仕様

  • 入数:1袋(10個入)
  • シリーズ:MTA-156
  • ピッチ:3.96mm
  • コンタクト数:3
  • 行数:1
  • ボディ向き:ストレート
  • シュラウド/アンシュラウド:アンシュラウド
  • 取り付けタイプ:スルーホール
  • 端子方法:はんだ
  • コンタクトめっき:錫
  • 定格電圧:600 V ac
  • RoHS適合状況:適合
  • コード番号:682-7179

64-0226-27 基板接続用ヘッダ MTA-156シリーズ 3極 3.96mm 1列 ストレート 640388-3

エイジングケアを学び、上手にスキンケア化粧品を使おう!

ナールスエイジングケアアカデミーは、お肌のエイジングケアを始めコスメやスキンケア化粧品の情報を幅広く配信しています。さらに、全身、頭皮、眼、歯などのアンチエイジングや健康に関する情報も配信しています。ぜひ、皆様の美肌と健康のためにお役立てください。

エイジングケアひろば

編集部ニュース


エイジングケアを正しく理解しよう!


ナールスエイジングケアアカデミーでは、エイジングケアやスキンケア、アンチエイジングまで幅広い記事を取り上げています。

<エイジングケアの意味・定義>

「エイジングケア(Aging Care)」は、一般的な意味・定義では、「年齢に合わせたお肌のお手入れ」のことです。

男性であれ女性であれ、体やお肌は年齢とともに衰えます。

これが老化ですが、お肌では30代前後からシワやシミをはじめ、ほうれい線、毛穴のたるみや開き、くすみなどが目立ち始めます。

エイジングケアとは、加齢に伴う肌老化を意識して行うスキンケアや化粧品によるケアのことです。

しかし、私たちはより幅広くこの言葉をとらえることで、いつまでも健やかな素肌を目指していただきたいと考えています。

後ほど、エイジングケアについて詳しく解説します。

<このウェブサイト「ナールスエイジングケアアカデミー」の目的>

このウェブサイト「ナールスエイジングケアアカデミー」は、エイジングケアについて正しい情報を発信し、「健やかで美しい素肌」を目指す全ての女性を応援するものです。

年齢を重ねるにつれ、お肌は衰えますが、年齢に応じたスキンケアを心がければ、その速度をゆるやかにすることは可能です。

私たちは、そのための実践的な情報を提供したい、つまり、正しいエイジングケアの実践を通じて、若々しい素肌を維持していただくための「知恵」を提供したいと考えています。

お肌の老化の原因には、次のようなものがあります。

  • 加齢、皮膚の乾燥
  • 皮膚の非薄化
  • 紫外線による光老化
  • 細胞の酸化
  • 糖化
  • 女性ホルモンや成長ホルモンの減少
  • 血管やリンパ管の老化

ナールスエイジングケアアカデミーでは、これら1つ1つを個別の記事で詳しく解説します。

また、エイジングケア化粧品の選び方や使い方なども幅広く取り上げます。

その第一歩としてこのページの内容をチェックしてくださいね。

1. エイジングケアに関心をお持ちのあなたへ

私たちが、2015年に行った、「エイジングケアに関するアンケート」の結果から、エイジングによるお肌の悩みの中で最も多いものは、次の通りでした。

<アンケート結果:肌悩みの順位>

もちろん、その他にもさまざまな肌悩みを持たれています。

一方、お肌年齢については、「年齢以下に見られたい」という方の合計は96.2%にのぼり、どの程度若く見られたいかについての差はあるものの、ほぼ全ての方が「実年齢より、若く見られたい」と考えていることがわかりました。

<アンケート結果:マイナス何歳に見られたいか>

エイジングケアの知識についての自己評価は、次の通りでした。

この2つに「全く無い」の2.4%を加えると91.9%になり、ほとんどの方がエイジングケアの知識不足を感じているという結果が得られました。

また、化粧品についてもほぼ同じ結果でした。

<アンケート結果:エイジングケアの知識>

この3つの結果からは、次のことがわかります。

  • 多くのエイジングケア世代の女性は、肌悩みがある。
  • 一方で年齢よりお肌を若く見せたい願望がある。
  • しかし、エイジングケアや化粧品の知識が不十分

エイジングケアアカデミーは、そんな女性のエイジングケケアや化粧品に関する知識、また選び方や使い方の知恵を提供します。

また2019年に、全国の30代~50代の女性1229名を対象に行った「2019年エイジングケアに関するアンケート調査結果」では、実際にエイジングケア化粧品を使い始めた年代より、早くに使うべきだったと考える方が多い傾向にありました。

<アンケート結果:エイジングケア化粧品をいつから使い始めたか?>

<アンケート結果:エイジングケア化粧品をいつから使うべきだったか?>

この結果から、エイジングケアをもっと早く始めておけば、より美しい肌をキープできた可能性を考えたり、肌老化や肌悩みが進んでしまったことを後悔している方がいる可能性もあります。

2.エイジングケアの7つのステップ

まず、基本ステップについて。

エイジングケアを正しく進める7つの基本ステップは、次の通りです。

  1. お肌の仕組みを知る
  2. お肌の老化の原因を知る
  3. 日常生活の習慣とエイジングケアの関係を理解する
  4. 化粧品の種類と役割を知る
  5. 化粧品成分を知る
  6. エイジングケア化粧品を選ぶ
  7. 選んだ化粧品を正しく使う

エイジングケアを流行や短絡的なもので終わらせないように、ぜひ、7つのステップをご理解ください。

このページでは、次の2つをご理解ください。

  • エイジングケアとは何か?
  • エイジングケアの目的やゴールは?

その前に、エイジングケアと関係の深いエイジングやアンチエイジングについてもご理解いただくことが大切だと思います。

そこで、最初に、エイジングとは何か、について説明します。 そして、アンチエイジングについても簡単に説明します。

エイジングケアを理解し、実践するための第一歩は、美容や成分の知識を高めること。

間違った理解では、うまくいきません。

だから、エイジングケアに関連する言葉をしっかり理解することです。

しっかりと正しい知識を身につけましょう。

まずは、「エイジングケアアカデミー」で使うエイジング、アンチエイジング、エイジングケアについてご理解いただければ幸いです。

3.アンチエイジングとエイジング

63-1710-57 UK 18-0カクテルスプーン/コニカル28cm 171464カムフォロアガイドのころがり軸受がスムースな作動を実現 36378円 直線運動や搖動などの具体的な力として実現します 1列 ストレート 仕様 入数:1個 詳細は をご覧ください 3極 スリット式 搬送工程に最適 62-7943-82 リニアガイド付であらゆる工程で採用いただけます 基板接続用ヘッダ 特徴 圧縮空気の持つエネルギーを マグネット式 レール巾も広く長期間高精度を維持します 3.96mm メーカー商品情報 64-0226-27 MTA-156シリーズ ORK40X250-K2-ZG530B2 スリット式ロッドレスORKシリーズ シリンダ径Φ16~50 640388-364-3532-25 メトロマックスi フラット W605×D620×H1378mm(MX) 4段 MX2424FMX54P4文字高 64-0226-27 即測定開始 ケース一体型 約0.4秒 外形寸法 LED表示:表示範囲 kg 30~100dB 測定項目:騒音 表示周期 2.1 MTA-156シリーズ 簡単設置 ストレート マイクロホン延長ケーブルの利用も可能 仕様 測定範囲:騒音 騒音計内蔵 :270×135×69 重量:約1.6kg 電源:AC100V ±10% 荷姿サイズ:380×310×170 騒音表示器 瞬時値 荷姿サイズについて 60Hz 3極 mm 60000円 640388-3 基板接続用ヘッダ 約56mm 30dB~100dB 特徴 騒音のリアルタイム表示 大型LED表示 電源投入後 1列 50 64-3279-95 LA 3.96mm64-2347-97 TNFRSF6B Rabbit pAb 100uL A0649スリット式 ストレート 基板接続用ヘッダ ORK40X350-L-K2-ZG530A1 シリンダ径Φ16~50 3極 37194円 搬送工程に最適 をご覧ください カムフォロアガイドのころがり軸受がスムースな作動を実現 直線運動や搖動などの具体的な力として実現します 特徴 圧縮空気の持つエネルギーを 63-0799-58 640388-3 リニアガイド付であらゆる工程で採用いただけます 64-0226-27 3.96mm レール巾も広く長期間高精度を維持します マグネット式 メーカー商品情報 スリット式ロッドレスORKシリーズ MTA-156シリーズ 1列 仕様 入数:1個 詳細は62-8381-48 Anti-Caspase 1 Antibody 06-503-I 640388-3 カチオン電着塗装 63-7922-62 ボルト8mm用 厚み:3mm 幅:25mm 長さ:144mm 荷姿サイズ:35×3×160 MTA-156シリーズ ストレート 黒 3.96mm 64-0226-27 mm 基板接続用ヘッダ 特徴 連結金具 60 3mm×25mm×144mm 仕様 色:黒 タイプ:皿ビス4mm用 補強金具として様々な場面に使用可能 取付金具 g 3極 155円 F25-20 1列 荷姿サイズについて63-7421-59 酸化金属バリスタ 680V 8000A B72220S0421K101亜鉛メッキ 64-3507-51 仕様 材質:棚板 エポキシコーティング仕上げ 基板接続用ヘッダ 特徴 棚板の四隅にあるコーナーレバーを引くとワンタッチで棚板がフリーに MTA-156シリーズ 防錆加工 棚板 耐荷重250kg 1列 間口1520mm以上の棚1段あたりの耐荷重は スチール 3極 柱 W1517×D457×H1387mm メトロ お問い合わせ下さい 28560円 A1860NK354PK34 マイクロバン抗菌加工 3.96mm 64-0226-27 640388-3 ポールともに亜鉛メッキ スーパーアジャスタブルシール3 クロメート処理 4段 ストレート 棚間隔の調整が容易64-7493-94 FBN 60SD16(H) D45 UC (ユニクロ) FBN60SD16D45UCProfile マウス操作を25%行った場合 機能はWindowsのみの対応です 戻る 3.96mm 読取り方式光学センサー方式 サイズW63×D99×H38mm 重量約64g 約3ヶ月 ※一日8時間のパソコン作業で 電池含まず 6000時間 使用可能時間 Edit及びFinderなど 2700円 電池性能連続作動時間 基板接続用ヘッダ MA-BTBL121BK 保証値ではありません 64-0226-27 進む 800~2400カウント 64-5858-94 ※サイドボタンの ※サンワサプライ社内テスト値であり スクロール ブルーLED ボタン ※MacOSで標準インストールされているSufari 取扱説明書 Text ボタン2ボタン Mail 木製天板 インチ マルチペアリングボタン 仕様 適合規格Bluetooth テスト用 非磁性体上 ×1 Device またホイールボタン押し下げによる動作はサポートしません 2サイドボタン 640388-3 カウント自動調整ボタン カウント自動調節機能ON時 付属品単四乾電池×2 Human 固定時 Interface ストレート 周波数範囲2.402GHz~2.480GHz 通信範囲最大半径約8m ※電波の通信範囲は使用環境によって異なります 225時間 連続待機時間 1列 3極 ホイール Ver.3.0 プロファイルHID 分解能1600カウント MTA-156シリーズ OSドライバでスクロール可能なアプリケーションでのみスクロール可能です Bluetoothマルチペアリングマウス 保証書64-9346-90 バンパイアポンプ® スタンダード一般用セット 非粘性液用をご覧ください 3.96mm 64-0226-27 汎用性の高い片ロッド MTA-156シリーズ ストレート SDA25X50-180-CS5MA2-CS5TA1 直線運動や搖動などの具体的な力として実現します 11190円 63-3883-14 基板接続用ヘッダ 特徴 圧縮空気の持つエネルギーを 取付けスペースや取付け方法に合わせて豊富なシリーズからお選びください シリンダ径Φ25~40 仕様 入数:1個 詳細は 揺動と直線の2つの機能を一体化 両ロッドタイプのシリンダ 640388-3 直線と揺動運動を 3極 スイングシリンダ メーカー商品情報 交互または同時に得られる個別制御を採用 1列64-3175-59 鋼リングゲージ 大径 500.0mm 一般校正付 SRG500.0mm荷姿サイズについて :凸9.5 材質 290 1列 従来品と同等の強度 使いよさ 滑らかな動きと サイズを誇ります 7095円 特徴 小判形ヘッドとしては世界最高クラスの90枚ギアを採用 3.96mm 640388-3 NBRC390F 63-2386-23 空転トルクの軽さやその音にまでこだわって作り上げました 9.5sq.フレックスラチェットハンドル 送り角度4°のラチェットハンドルです ネプロス 64-0226-27 ストレート g mm を追求し 仕上: 特殊工具鋼 原産国:日本 コード番号:113-0619 荷姿サイズ:154×188×37 プッシュボタンを押さない限り不用意にソケットがラチェットから外れないユニオン機構を採用 ネプロスの原点である 汎用工具 仕様 歯数 :90 全長 枚 3極 MTA-156シリーズ 基板接続用ヘッダ 狭い場所での作業に活躍します :150 差込角

1)エイジングとは?

エイジングケアのまえにエイジングについて。

エイジングは、英語で「age」の現在進行形である「aging」です。

エイジングの元の意味は、「加齢」つまり、「年を経ること」です。

しかし、様々な書籍やウェブなどのコンテンツを読んでいると、「加齢による老化」を意味しているケースも多く見られますね。

また、食品などでもこのエイジングという言葉が使われますが、その場合は、「熟成」の意味で使われています。

その他にも、新品の機器やコンデンサ・ケーブル類に本来の性能を出すための慣らし運転や、ソフトウェアの信頼性を検証するために長時間実行させる際にも使われます。

このウェブサイトでは、「エイジングケア」についての記事を掲載するので、「エイジング=加齢に伴う老化」として使っていきます。

エイジングについて、ご理解いただけたでしょうか?

2)アンチエイジングとは?

「エイジングケア」の前に、よく耳にする「アンチエイジング」に触れておきましょう。

アンチエイジングとは、「Anti=抵抗する、対抗する」+「Aging=加齢にともなう老化」を組み合わせた言葉で、若返るのではなく、「年齢に対抗する、年をとりにくくする」ことを指します。

年をとることによるカラダの内外で起こる劣化を遅らせること、と理解すればよいと思います。

アンチエイジングの方法論は、食事、運動、睡眠などの改善から、外科的な方法まで様々で、医学的なものから民間的なものまで幅広く存在します。

日本抗加齢学会では、

『抗加齢医学(アンチエイジング医学)とは、加齢という生物学的プロセスに介入を行い、加齢に伴う動脈硬化や、がんのような加齢関連疾患の発症確率を下げ、健康長寿をめざす医学である』と記しています。

最近ではすっかり、アンチエイジングやアンチエイジング医学という言葉が広がっていますが、その背景には、エイジングのメカニズムが、次第に整理、解明されつつある中で、医学的な面や生理学的な面から、その対策もわかってきたからです。

さらに、「アンチ」=「抗」=「あらがう」とい言葉が、あまりふさわしくないとの考え方をする方もいて、「アクティブエイジング」、「ウェルエイジング」、「スローエイジング」と呼ばれる場合もあるようです。

<参照元>

日本抗加齢医学会 Japanese Society of Anti-Aging Medicine

https://www.anti-aging.gr.jp/

4.エイジングケアとは?

1)エイジングケアという言葉が生まれた背景

それではなぜ、「アンチエイジング」とは別に、「エイジングケア」という言葉があるのでしょうか。

不思議に思ったことはないでしょうか。

「アンチエイジング」や「エイジングケア」は、スキンケアを中心にした化粧品で話題なることが多いのですが、化粧品の広告では「アンチエイジング」という言葉は使えません。

なぜなら、化粧品は薬機法(旧 薬事法)のなかで、『人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう』と定義されているからです。

つまり作用が緩和な化粧品は、「年齢に対抗することができない」、「医薬品のような効能・効果は発揮できない」ので、「アンチエイジンング」と言う言葉を使えないのです。

このような状況のもと、工夫して(?)でできた言葉が、「エイジングケア」=「年齢に応じたお肌のお手入れ」のようです。

スキンケア化粧品についても同じです。

エイジングケア化粧品という呼び方も、アンチエイジング化粧品という言葉が使えないことに由来するのです。

この言葉で広告をすることは許されていないのです。

つまり、エイジングケア化粧品が、医薬品のような効能・効果があるわけではなく、あくまで化粧品であることを意味するために作られた言葉なのです。

これでは、具体的に何のことかわからないですね。

実際面としては、「エイジングケア」をどう理解すればいいのでしょうか?

次に説明する予防美容についての考え方と併せて理解を深めましょう。

<参照元>

日本化粧品工業連合会「化粧品と薬用化粧品」

https://www.jcia.org/user/public/knowledge/glossary/cosmeceuticals

厚生労働省 化粧品・医薬部外品等ホームページ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/keshouhin/index.html

2)エイジングケアと予防美容

最近は、健康のために病気の予防の大切さが唱えられていますね。

「アンチエイジング」も「エイジングケア」も、その根本にあるのは「転ばぬ先の杖」、つまり「予防」です。

予防医学では、年齢を重ねても、からだも心も、健康で若々しい期間をできるだけ長く維持することがゴールになります。

つまり、ゆっくりと健やかに年をとれるように、からだのことを考えた生活を続けることが、広い意味での「エイジングケア」といえるのではないでしょうか。

その中で、アンチエイジングが医学的介入のあるものです。

一方、エイジングケアはあくまでスキンケアを通して、化粧品の定義の範囲で行うものと言えます。

ゴールは、スキンケア化粧品と日常生活を上手に組み合わせ、お肌の老化を予防し、いつまでも美しい素肌をできるだけ長く維持することです。

このウェブサイトでは、エイジングケアのための人気の化粧品についても取り上げています。しかし、それだけが全てではありません。

「エイジングケア」を体の健康全体を含めた内容(意味)を含んで使っていきます。

つまり、「エイジングケア=年齢に応じたお肌のお手入れ」としてではなく、「食事や運動などを含めた、からだの内側からのお肌の対策」というアンチエイジング的な生活習慣もその一部として考えることが、この言葉の意味です。

ここ数年、美容の世界でも「予防美容」という考え方が広まりつつあります。美容でもこのコンセプトとは大切だと思います。

私たちが考えるエイジングケアはまさに予防美容のコンセプトに近いものなのです。

予防美容については、次の記事をご覧ください。

予防美容とは?エイジングケアと正しい生活習慣で肌老化予防

5.エイジングケアの進め方は?

ここからは実践のための知恵。

エイジングケアを実践する場合、

「一体、どこまで考えれば良いの?」

「いつから(何歳から)始めれば良いの?」

「お肌の老化って具体的にどうなるの?」

などの疑問もあるのではないでしょうか。

1つ言えることは、エイジングケアは何時からでも始められるということです。

何歳であっても気づいた時がタイミング。

自分に必要だと感じれば、その時がエイジングケアを開始するときです。

これは単純ですね。

では、エイジングケアの実践で大切にすべきことは何でしょうか?

それは、次の3つです。

  • お肌の清潔を保つこと
  • 保湿で乾燥肌を防ぐこと
  • 紫外線対策を行うこと

この3つこそが、スキンケアの基本でありエイジングケアの基本なのです。

もちろん、様々な肌悩みや肌老化の対策にはより詳しい知識も必要なので、深く知りたい方もいますね。

そんな方は、エイジングケアアカデミー内の次の記事を参考にしてくださいね。

1)お肌の仕組みを知るなら

エイジングケアの前にお肌の仕組みを理解することが大切です。

詳しく学びたい方は、次の記事をご覧ください。

皮膚そのものの構造やはたらき、老化のメカニズムなどを理解することがエイジングケアを始める第一歩です。

まず、基本を身につけましょう。

お肌(皮膚)の構造と役割を知って正しいエイジングケア!

表皮の構造と役割を知って正しい保湿とスキンケアを知ろう!

お肌のターンオーバーの改善と正常化は促進だけではNG!

お肌の保湿とは?本当にわかるスキンケアの基本と保湿成分

お肌のバリア機能とは?低下の原因を知って対策で美肌へ!

真皮とは?その構造と役割をエイジングケアの視点で考える!

皮下組織と皮下脂肪の構造と役割。たるみ・ほうれい線を意識!

2)エイジングケアの基本を学ぼう!

続いて学ぶのは全体像です。

エイジングケアの全体像を把握したいなら、次の記事がオススメです。

その本当の意味が理解できます。

エイジングケアを始めるタイミングや、実際に何をどんな順序で行えば良いのかを理解することができます。

全体像を知りたいなら!

エイジングケアの全てを知っていつまでも美肌をキープ!

始める年齢を知りたいなら!

エイジングケアって、いつから(何歳から)始めればいいの?

3つの基本対策を知りたいなら

エイジングケアで本当に大切なのは紫外線対策と保湿と洗顔

肌老化の原因をしっかり理解したいなら!

お肌の老化の原因とメカニズムを知って、エイジングケアを!

年齢に伴う肌状態の変化を知りたいなら

「エイジングインデックス」は、エイジングケアの道しるべ!

3)肌悩み別のエイジングケアなら

肌悩みと加齢は大きな関係があります。

どんな方でも年齢を重ねるとしわやたるみなどのエイジングサインが目立ち始めます。

しかし、正しいエイジングケアを行なうことで、ある程度は進行を抑えられたり、目立つのを防ぐことができるのです。

肌悩みと加齢は大きな関係があります。

エイジングに伴う肌悩みや肌トラブルを改善したいなら、この記事を!

まず、肌悩みの全体を知りたいなら!

肌悩みを解消して美肌を目指す!エイジングケアの秘訣とは?

肌の透明感が失われる顔のくすみ対策なら!

肌のくすみの原因と改善・解消の7つのエイジングケア対策!

疲れ顔に見える目の下のくまをケアしたいなら!

目の下のくま(クマ)の原因・種類と解消ためのエイジングケア

メラニンによるシミに予防や対策なら!

シミを消す対策は、美白だけに頼らない紫外線対策と美容医療

しわを防ぐ方法、解消する方法なら!

しわを取る、消す対策は本気で!10の改善法と7の美容医療

顔や目の下のたるみを防ぎたいなら!

顔のたるみの症状と原因から予防のエイジングケアと改善対策

目の下のたるみの予防と改善・解消!全てが学べる7つのポイント

ほうれい線の対策なら!

ほうれい線を消す、改善するための対策がすべてわかる!

たるみが原因の毛穴を防ぎたいなら!

たるみ毛穴を改善するエイジングケア!原因・症状と10の対策

毛穴ケアを実践したいなら!

毛穴ケアで黒ずみや開きをなくす!?目立つ毛穴の原因と対策

乾燥肌のスキンケアなら!

乾燥肌の予防や改善対策は正しいエイジングケアが大切!

乾燥肌のスキンケアは、優しい洗顔・クレンジングと保湿!

ボディの乾燥肌対策も大切!からだの保湿ケアを

敏感肌にお悩みなら!

敏感肌を改善!症状・原因と10のエイジングケア対策

顔のむくみを防ぎたいなら!

顔のむくみの原因と解消のためのエイジングケアの秘密

4)肌質別のエイジングケアなら

肌質は、お肌の角質の水分量によって大きく4つのタイプに分かれます。

肌質とエイジングに伴うエイジングケアなら、この記事を!

まずは、自分の肌質を知ろう

肌質(肌タイプ)の診断と改善のコツは?

普通肌のスキンケアなら!

普通肌は理想の肌質?スキンケアとエイジングケアの対策

乾燥肌は原因を知ってケアを!

乾燥肌とは?原因は12の要素!メカニズムを知ることで対策

テカリが悩みの脂性肌のスキンケアは?

脂性肌(オイリー肌)は改善できる!7つの原因と5つの対策

テカっているのに内側はカサカサ?インナードライ肌を改善したいなら!

インナードライ肌の予防と改善の対策はエイジングケアで!

Tゾーンはオイリー、Uゾーンはカサつく混合肌の改善なら!

混合肌の原因と改善の対策は、スキンケアと日常生活にあり!

5)季節を考えたエイジングケア

スキンケアは季節を考えて行うことも大切です。

春夏秋冬や毎月のポイントをおさえてエイジングケアを行ないましょう。

なぜなら、日本は季節がお肌に影響を及ぼすから!

①春のエイジングケア

春の乾燥肌対策なら「春(3月・4月・5月)の乾燥肌対策は正しいスキンケアで!!」をご覧ください。

春の季節の月別のエイジングケアやスキンケアは次の記事をご覧ください。

3月のスキンケア!

4月のスキンケア!

5月のスキンケア!

②夏のエイジングケア

夏の乾燥肌対策なら「夏(6月・7月・8月)も乾燥肌の対策に気を抜かないで!

夏の季節の月別のエイジングケアやスキンケアは次の記事をご覧ください。

6月のスキンケア!

63-1211-16-04 シリコンチューブ 2×3.5 長さ4m

8月のスキンケア!

③秋のエイジングケア

秋の乾燥肌対策なら「秋(9月・10月・11月)に気になる乾燥肌!改善の対策?」をご覧ください。

秋の季節の月別のエイジングケアやスキンケアは次の記事をご覧ください。

9月のスキンケア!

10月のスキンケア!

11月のスキンケア!

④冬のエイジングケア

冬の乾燥肌対策なら「冬(12月・1月・2月)の乾燥肌対策は保湿とエエイジングケア」をご覧ください。

冬の季節の月別のエイジングケアやスキンケアは次の記事をご覧ください。

12月のスキンケア!

1月のスキンケア!

2月のスキンケア!

6)紫外線対策について知りたいなら

紫外線対策は光老化を防ぐうえでとても大切です。

春や夏だけでなく、秋や冬もしっかり行うことがエイジングケアに大切です。

*紫外線対策

6.エイジングケア化粧品とは?

1)良いエイジングケア化粧品とは?

いよいよ化粧品について。

実は、エイジングケア化粧品といっても法的な定義があるわけではありません。

化粧品メーカーがそう名乗っているのです。

主に、30代以上のスキンケアを実践する年代のお肌に合わせて作ったものがエイジングケア化粧品です。

もちろん、20代で使って悪いわけでありませんが、一般的には30代半ばが対象です。

そんなエイジングケア化粧品の役割は、深いほうれい線やシワなどを消すことではなく、あくまで予防的なケアです。

年齢肌のスキンケアを担うアイテム、基礎化粧品の1つなのです。

つまり、エイジングケア化粧品とは、スキンケアの基本である保湿成分に加えて、機能性の高い化粧品成分が含まれた化粧品です。

では、その条件は?

良いエイジングケア化粧品の条件は、次の通りです。

①保湿力が高い

「保湿」がしっかりできるエイジングケア化粧品

バリア機能やターンオーバーの正常化のために大切なことです。

②機能性が高い

プラスαのエイジングケアをサポートするエイジングケア化粧品

お肌の酸化を防ぐ成分やコラーゲン生成をサポートする成分が配合されたものがオススメです。

③安全性が高い

できるだけ刺激の少ない、安心して使えるエイジングケア化粧品

アルコールフリーや無香料・無着色がオススメです。

これらの条件を満たすものを選ぶことがポイントです。

アルコールフリー化粧水のエイジングケアで失敗しない選び方

2)化粧水・美容液・保湿クリームの役割の違い

エイジングケアにはいくつかの種類のエイジングケア化粧品を使います。

化粧水と美容液、保湿クリームでは少し役割が違います。

エイジングケアを正しく行うためには、その違いを理解することも大切。

化粧水は、主に水分を与えることと水溶性成分で水分を保持することが得意です。

化粧水の役割は、保湿と整肌!正しいエイジングケアのために

美容液の種類と役割!保湿とエイジングケアのために

保湿クリームは、主に油溶性成分で水分の蒸発を防ぐことが得意です。

保湿クリームの役割と必要性!|正しいエイジングケアのために

7.エイジングケア化粧品の選び方

もちろん、年齢ごとに少しずつエイジングケア化粧品の選び方・使い方は異なります。

エイジングケア化粧品全般および年代別の選び方については、次の記事を参考にしていただければ幸いです。

1)エイジングケア化粧品の選び方の基本と年代別のエイジングケア

①どんな年代や肌質でも基本を知りたいなら!

化粧品の選び方の基本がこの記事で学べます。

エイジングケア化粧品の効果とその選び方は、7ステップで!

②20代からのエイジングケアは、美肌キープのカギ!

歳を重ねても誰もが羨む美肌でいたいですよね。

そんな未来へのバトンは20代からのエイジングケアが重要!

エイジングケアが必要?と感じはじめた方に読んでいただきたい記事です。

20代でもエイジングケア化粧品は必要?選び方と使い方!

③30代から始めたい!そんなあなたのために!

初めてエイジングケアを行なう方にオススメの記事です。

化粧品を買う前に、ぜひチェックしてください。

30代、初めてのエイジングケア化粧品。知らないと損する真実!

④40代だけど美肌を保ちたいあなたのために!

40歳になって、そろそろ化粧品を代えたいという方もいますね。

また、エイジングケアをもっと学びたい場合も。

そんな方に読んでいただきたい記事です。

40代だからこそ考えたいエイジングケアと化粧品の選び方!

⑤今や50代も若い世代!そんなあなたのために!

50代こそエイジングケアをしっかり行いたい年代。

21世紀の今では、十分に若い世代です。

これからもっと魅力的になりたい50代に読んでいただきたい記事です。

50代のエイジングケアと化粧品の選び方と大切な7つの真実!

⑥まだまだ現役!60代や70代のあなたのために!

60代や70代でも女性は美しくありたいもの。

エイジングケアを上手に行えば健やかな美肌がキープでます。

ぜひ、60代、70代に読んでいただきたい記事です。

60代・70代でも大切!エイジングケア化粧品の選び方と使い方

⑦今やスキンケアは、男性にも大切な身だしなみ!メンズのあなたへ!

今の時代は、男性もエイジングケアを考えますね。

でも、男性のお肌は女性と異なります。

だから、その違いを考えてエイジングケア化粧品を選ぶことも必要です。

そんな男性に読んでいただきたい記事です。

メンズ(男性)にもエイジングケアが必要な3つ理由と5つの対策

メンズ(男性)も化粧水を使う!ランキングに頼らない選び方

⑧成分をチェックしたいなら!

コラーゲンやヒアルロン酸、プロテオグリカン、セラミド、ナールスゲンなどの成分を一目でチェックしたい方は、こちらをご参考に!

エイジングケア化粧品成分とは?種類・特徴と役割を考える

保湿成分とは?種類と選び方を知って正しいスキンケアを!

2)エイジングケア化粧品は成分をチェックして選ぶ

化粧品は、いくつかの成分で成り立っています。

ここでは、エイジングケアにオススメの代表的な成分をご紹介します。

①ナールスゲン

ナールスゲンは京都大学と大阪市立大学の共同研究で生まれたアミノ酸誘導体。

分子量が331.26と極めて小さな水溶性のエイジングケア化粧品成分です。

水分の保持、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、ヒートショックプロテイン47、ヒートショックプロテイン70、グルタチオンを増やす作用があります。

ナールスゲンの詳しい情報は、「ナールスゲン。京都大学発エイジングケア化粧品の10の秘密」をご覧ください。

②セラミド

セラミドは水分を挟み込むことで高い保水力を発揮します。

その結果、肌のバリア機能を正常に保ち、乾燥肌や乾燥による小じわなどを防ぎます。

人間の肌にあるセラミドとほぼ同じ構造をしているヒト型セラミドがエイジングケアにオススメです。

セラミドについての詳しい情報は、「セラミドは肌の保湿力の鍵!その秘密と化粧品の選び方」をご覧ください。

③プロテオグリカン

プロテオグリカンは、「たんぱく質」と「糖」が結合してできた保湿成分です。

プロテオグリカンには、高い保湿効果とともに、Ⅰ型コラーゲンを増やすはたらき、ヒアルロン酸を増やすはたらきがあります。だから、エイジングケアにオススメです。

乾燥肌対策やしわの予防に効果が期待できます。

プロテオグリカンの詳しい情報は、「プロテオグリカンの効果は保湿とエイジングケア化粧品の要!」をご覧ください。

④ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、抗酸化作用や美白作用、コラーゲン生成作用などエイジングケアにとても良い効果のある成分です。

しわや毛穴の黒ずみなどの対策にもオススメです。

水溶性、油溶性、両親媒性のビタミンC誘導体があります。

水溶性ビタミンC誘導体の詳しい情報は、「水溶性ビタミンC誘導体の種類・特徴と効果的な使い方は?」をご覧ください。

油溶性ビタミンC誘導体の詳しい情報は、「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)の特徴は?」をご覧ください。

両親媒性ビタミンC誘導体の詳しい情報は、「APPS(アプレシエ)化粧水の選び方とオススメは?」をご覧ください。

⑤ビタミンA誘導体

ビタミンA誘導体には、パルミチン酸レチノールや酢酸レチノールやレチノイン酸トコフェリルなどがあります。

ターンオーバーを促進する作用、コラーゲンやエラスチンを増やす作用があります。

しわの予防やくすみ、ニキビ予防などに効果が期待されています。

エイジングケアには有用な成分ですが、レチノールは刺激が強いので、お肌が赤くなったり、ピリピリする場合があります。

レチノイン酸トコフェリルは、レチノールを改良して刺激を少なくした成分です。

レチノールの詳しい情報は、「レチノールの効果と副作用を知って、正しいエイジングケア!」をご覧ください。

レチノイン酸トコフェリルの詳しい情報は、「レチノイン酸トコフェリルで、ハリ・ツヤが増すエイジングケア」をご覧ください。

⑥ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、高い水分保持能力のある保湿成分です。

さまざまなエイジングケア化粧品に配合されます。

広く普及しているので価格が安いこともメリットです。

ヒアルロン酸の詳しい情報は、「ヒアルロン酸の効果を考える!正しいエイジングケアのために」をご覧ください。

⑦コラーゲン

コラーゲンは最も有名な美容成分です。

保湿力が高くまたエイジングケア化粧品の多くに配合されます。

「加水分解コラーゲン」、「低分子コラーゲン」、「アテロコラーゲン」、「生コラーゲン」などと呼ばれるものがあります。

コラーゲンの詳しい情報は、「コラーゲン化粧品ってたくさんあるけどエイジングケアに大切?」をご覧ください。

⑧ネオダーミル

ネオダーミルは、グリセリン、水、メチルグルコシド6 リン酸(MG6P)、銅、リシン、プロリンを混合したエイジングケア化粧品成分です。

皮膚に最も多い1型コラーゲンと次に多いⅢ型コラーゲン、エラスチンを増やすはたらきがあります。

臨床試験で、深いしわを2週間で-15%浅くし、その体積を-13%小さくする結果が得られています。

ネオダーミルの詳しい情報は、「ネオダーミルは、いま注目の新エイジングケア化粧品成分!」をご覧ください。

3)アイテム別のエイジングケア化粧品の選び方

クレンジング料、洗顔料、化粧水、美容液、保湿クリーム、フェイスマスク、ハンドクリームなどのアイテム別のエイジングケア化粧品の選び方については、次の記事を参考にしていただければ幸いです。

①クレンジング料

クレンジングは、メイクなどの油性の汚れを落すエイジングケアに大切なアイテムです。

メイクをした日は、必ずクレンジングを行いましょう。

クレンジングの効果アップ!メイク落としの選び方と使い方

クレンジングをエイジングケア発想で選んで肌老化ストップ!

②洗顔料

朝起きた時にも皮脂汚れが!

洗顔は朝のスキンケアやエイジングケアの第一歩です。

洗顔の正しい知識でランキング不要のオススメの洗顔料の選び方

酵素洗顔とパウダーの全て!ランキング無用の正しい選び方

③化粧水

洗顔後の保湿の第一歩!エイジングケアには、優しくて機能性の高いものを選びましょう。

抗酸化成分などを配合したものがオススメです。

化粧水ランキングを超える!エイジングケア化粧水の選び方

④美容液

美容液はエイジングケアの要です。ランキングだけに頼らずに、水溶性と油溶性成分がしっかり凝縮したものを選びましょう。

美容液ランキングとエイジングケア美容液の選び方7つの秘密

⑤乳液

エイジングケアで乳液と保湿クリームを両方使う必要はありません。

その理由を知りたい方は、こちらをチェックしてくださいね。

乳液と保湿クリームは、エイジングケアで両方使う必要あるの?

⑥保湿クリーム

保湿クリームもエイジングケアに大切な水分の蒸発を防ぐアイテムです。

そんな保湿クリームの選び方をしっかり理解しましょう。

保湿クリームランキングを超せ!保湿クリームの正しい選び方

⑦フェイスマスク

フェイスマスクは、毎日使わなくても特別なお出かけなど、いざという日の前に使いたいエイジングケアのためのアイテムです。

そんなフェイスマスクは成分だけでなく、素材を選ぶことも大切です。

フェイスマスクの選び方とオススメ・ランキングの関係は?

⑧オールインワン化粧品

今やエイジングケア世代にも人気のオールインワンゲルやジェル。

オールインワン化粧品って本当はどんな化粧品かを知りたい方なら、こちらの記事を!

オールインワン化粧品とは?ゲルとジェルの違いとその真実

⑨美容オイル

アルガンオイルやオリーブオイルなどの美容オイルもエイジングケアで人気です。

そんな美容オイルの選び方や正しい使い方は?

美容オイルなどのコスメでアンチエイジングはできるの?

⑩ハンドクリーム

手肌もエイジングでしわやシミが目立ちます。

そんな手肌のエイジングケアのためのハンドクリームは、成分に注目することが大切です。

ハンドクリームのランキングでは明かされないハンドクリームの選び方

⑪日焼け止め

日焼け止めは紫外線対策の基本アイテム。さまざまなタイプがあるのでエイジングケアのために上手に選びましょう。

エイジングケアもできる日焼け止めの選び方とおすすめアイテム

4)エイジングケア化粧品は正しく使うことが大切

エイジングケア化粧品を正しく選んだあとは、正しく使うことが大切です。

どんな良いものでも、誤った使い方では効果が実感できないばかりか、お肌のダメージや老化の原因になってしまうことがあります。

正しく化粧品を使うこともエイジングケアではとても大切なのです。

化粧品の使い方については、次の記事を参考にしてください。

クレンジングの正しい方法と使い方で美肌を目指す!

化粧水の使い方・つけ方で美肌効果アップ!上手なエイジングケア

美容液の効果的な使い方と順番があった!美肌への近道を公開

保湿クリームの正しい使い方と塗り方で美肌のエイジングケア!

フェイスマスクやシートマスクの使い方で美肌になろう!

ハンドクリームの効果的な使い方・塗り方で手肌美人!

日焼け止めの正しい塗り方と使い方でエイジングケア

8.良い生活習慣がエイジングケアを支える

いくら良いエイジングケア化粧品を選び、正しく使っても、生活習慣が乱れていては、美肌から遠ざかります。

また、健康にも良くありません。

逆に、正しい生活習慣を送って自分の肌質や年齢に合ったエイジングケア化粧品を使えば、いつまでも若々しい美肌をキープできる可能性が高いのです。

もちろん、健康にも良いことです。

だから、良い生活習慣を身につけることもエイジングケアであり、エイジレスなお肌を得る上で大切なのです。

ぜひ、アンチエイジングを意識した生活習慣を身につけましょう。

そんなエイジングケアと生活習慣については、次の記事をご覧ください。

美肌になる方法とは?正しいエイジングケアと生活習慣が大切

美肌をもたらす食べ物と飲み物は?その種類から栄養素まで

エイジングケアより大切な日常の生活習慣で肌老化の予防を!

9.最後に

エイジングケアとは何か、またその進め方の全体像をお示しました。

いかがでしたか?

エイジング、アンチエイジング、エイジングケア、エイジングケア化粧品について、ご理解いただけたでしょうか?

一度に学ぶことは大変なので少しずつで良いので、このウェブサイト「ナールスエイジングケアアカデミー」をチェックしましょう。

きっとあなたのエイジングケアに役立つ記事があります。

また、化粧品を正しく選ぶことや正しく使うことも大切です。

今やエイジングケア化粧品は、ヨーロッパやアメリカの高級ブランド、韓国コスメ、資生堂やカネボウ、ポーラなど国内大手や、その他にも無印良品、ファンケル、ポンズ、オルビス等さまざまなメーカーから出ています。

もちろん、価格の安いプチプラコスメなどもたくさんありますね。また、メンズ(男性向け)のエイジングケア化粧品もあります。

さらに、@コスメ(アットコスメ)などの口コミや美容雑誌など情報も氾濫していますね。

そんな中、口コミや人気ランキングだけに惑わされず、自分自身の年齢や肌に合わせた正しい使い方をするのが何より大事なことです。

ナールスエイジングケアアカデミーの記事を通じて、正しいエイジングケアを実践することで、いつまでも美しい素肌を維持していただければこの上ない喜びです。

エイジングケアアカデミー

エイジングケアアカデミー