275円,/grouped1778366.html,研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , 電子部品・電源・コネクタ , 受動部品 , 固定抵抗器 , カテゴリ一覧 , 研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , アールエスコンポーネンツ,kinnon.tv,64-1830-11 厚膜チップ抵抗器 5025サイズ 0.75W 5.6Ω ±5% CRGS2010J5R6 275円 64-1830-11 厚膜チップ抵抗器 5025サイズ 0.75W 5.6Ω ±5% CRGS2010J5R6 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 電子部品・電源・コネクタ 受動部品 固定抵抗器 カテゴリ一覧 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 アールエスコンポーネンツ 64-1830-11 厚膜チップ抵抗器 【90%OFF】 5025サイズ 0.75W ±5% CRGS2010J5R6 5.6Ω 64-1830-11 厚膜チップ抵抗器 【90%OFF】 5025サイズ 0.75W ±5% CRGS2010J5R6 5.6Ω 275円,/grouped1778366.html,研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , 電子部品・電源・コネクタ , 受動部品 , 固定抵抗器 , カテゴリ一覧 , 研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , アールエスコンポーネンツ,kinnon.tv,64-1830-11 厚膜チップ抵抗器 5025サイズ 0.75W 5.6Ω ±5% CRGS2010J5R6 275円 64-1830-11 厚膜チップ抵抗器 5025サイズ 0.75W 5.6Ω ±5% CRGS2010J5R6 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 電子部品・電源・コネクタ 受動部品 固定抵抗器 カテゴリ一覧 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 アールエスコンポーネンツ

64-1830-11 厚膜チップ抵抗器 90%OFF 【返品交換不可】 5025サイズ 0.75W ±5% CRGS2010J5R6 5.6Ω

64-1830-11 厚膜チップ抵抗器 5025サイズ 0.75W 5.6Ω ±5% CRGS2010J5R6

275円

64-1830-11 厚膜チップ抵抗器 5025サイズ 0.75W 5.6Ω ±5% CRGS2010J5R6

特徴

  • 2010型CRGSシリーズサージ防止厚膜抵抗器
  • TE ConnectivityのCRGSシリーズの厚膜抵抗器は、小型軽量の製品です。 高サージ耐性のこの厚膜チップ抵抗器は、大量に自動配置が行われるほとんどの用途に適しています。 ケースサイズが同じ場合、消費電力は標準の2倍になっています。
  • リフローはんだ付け及びウェーブはんだ付けに最適 ニッケルにつや消しスズ仕上げ

仕様

  • 入数:1袋(10個入)
  • 抵抗:5.6Ω
  • パッケージ/ケース:2010
  • 許容差:±5%
  • 定格電力:0.75W
  • 温度係数:±200ppm/°C
  • テクノロジー:厚膜
  • 寸法:5 x 2.5 x 0.55mm
  • 長さ:5mm
  • 奥行き:2.5mm
  • 高さ:0.55mm
  • シリーズ:CRGS
  • 動作温度 Min:-55°C
  • 動作温度 Max:+155°C
  • 終端スタイル:はんだ
  • 最大動作電圧:200V
  • RoHS適合状況:適合
  • コード番号:905-6302

64-1830-11 厚膜チップ抵抗器 5025サイズ 0.75W 5.6Ω ±5% CRGS2010J5R6

ICH Q3Dが加わった第十八改正日本薬局方と必要とされる水質とは?

第十八改正日本薬局方とは 日本薬局方は、医薬品の性状および品質の適正を図るために必要な規格や基準、標準的な試験法などが定められた公的な規範書です*1。薬事行政…

63-5476-54 [取扱停止]弥彦 サヤ入小刀 左刃 桐箱入

縮合剤選びのポイントを解説!アミド結合生成反応を学ぼう

ケミカルバイオロジー研究に欠かせないアミド結合 アミド結合は、ペプチドやタンパク質を始めとした生体分子の基礎となる他、医薬品や生理活性化合物にも頻出する重要な…

<研究最前線>サリドマイド催奇性はどのようにして解明されたのか

サリドマイド催奇性、その原因を追う 1950年代後半に催眠鎮静薬としてドイツで開発され、かつて日本でも睡眠薬や胃腸薬として広く販売されたサリドマイド。妊婦のつ…

大腸菌におけるタンパク質発現とホスト選択 その種類と特徴

目的・課題に合わせたホスト選択 大腸菌の菌体内は動物細胞などと大きく環境が異なります。したがって、大腸菌でタンパク質を発現させる際には、正しくフォールディング…

大腸菌発現タンパク質を可溶化する発現ベクター その種類と特徴

発現ベクターでタンパク質の可溶性を改善 大腸菌でタンパク質を発現させる際、タンパク質の正しいフォールディングが起こらず、封入体(インクルージョンボディー)にな…

カールフィッシャー法でよくあるトラブルと解決法

微量な水分を測定できるカールフィッシャー法 試料中に含まれる水分量を測定したい。そんなとき、最もよく用いられる方法のひとつが「カールフィッシャー法(以下、KF…

ウェスタンブロットの基本の流れ—成功に導くヒント—

実験のクオリティを決めるウェスタンブロット ウェスタンブロットは、ライフサイエンスの研究において一般的に選択される実験方法。タンパク質抗原の多数の重要な特性を…

TOC測定方法を理解し超純水を適切に管理しよう

その超純水は本当に超純水? その名の通り不純物がほとんど含まれていない超純水。通常、水道水を50mプールに満たせばドラム缶2本分の不純物が含まれると言われます…

基本を学ぶ。酵素と阻害剤の反応速度論

酵素阻害剤について理解するために 酵素阻害剤は酵素による生化学的な反応を阻害するため、研究や医療など様々な用途で活用されています。酵素阻害剤について理解し、利…

超純水装置へ供給する一次純水の重要性-蒸留水とElix 水との比較

超純水は純水から作られる ライフサイエンスの研究者なら「超純水」という言葉は聞いたことがあるはずです。研究室に超純水装置が置いてあって、実際に使用している人も…