64-0298-06 取扱停止 金属皮膜抵抗器 HOLCOシリーズ 0.25W 注目のブランド ±0.1% H89K31BYA 9.31kΩ 10140円 64-0298-06 [取扱停止]金属皮膜抵抗器 HOLCOシリーズ 9.31kΩ 0.25W ±0.1% H89K31BYA 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 電子部品・電源・コネクタ 受動部品 固定抵抗器 カテゴリ一覧 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 アールエスコンポーネンツ 64-0298-06 [取扱停止]金属皮膜抵抗器 HOLCOシリーズ 9.31kΩ 0.25W ±0.1% H89K31BYA,kinnon.tv,10140円,研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , 電子部品・電源・コネクタ , 受動部品 , 固定抵抗器 , カテゴリ一覧 , 研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , アールエスコンポーネンツ,/grouped1866566.html 64-0298-06 取扱停止 金属皮膜抵抗器 HOLCOシリーズ 0.25W 注目のブランド ±0.1% H89K31BYA 9.31kΩ 64-0298-06 [取扱停止]金属皮膜抵抗器 HOLCOシリーズ 9.31kΩ 0.25W ±0.1% H89K31BYA,kinnon.tv,10140円,研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , 電子部品・電源・コネクタ , 受動部品 , 固定抵抗器 , カテゴリ一覧 , 研究用総合機器 , 電子 電気部品・制御機器 , アールエスコンポーネンツ,/grouped1866566.html 10140円 64-0298-06 [取扱停止]金属皮膜抵抗器 HOLCOシリーズ 9.31kΩ 0.25W ±0.1% H89K31BYA 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 電子部品・電源・コネクタ 受動部品 固定抵抗器 カテゴリ一覧 研究用総合機器 電子 電気部品・制御機器 アールエスコンポーネンツ

64-0298-06 取扱停止 金属皮膜抵抗器 HOLCOシリーズ 0.25W 注目のブランド ±0.1% 85%以上節約 H89K31BYA 9.31kΩ

64-0298-06 [取扱停止]金属皮膜抵抗器 HOLCOシリーズ 9.31kΩ 0.25W ±0.1% H89K31BYA

10140円

64-0298-06 [取扱停止]金属皮膜抵抗器 HOLCOシリーズ 9.31kΩ 0.25W ±0.1% H89K31BYA

特徴

  • 1 → 19.6 kΩ
  • アキシャルリード精密HOLCOシリーズ抵抗器は最小0.05 %の超精密抵抗器 高いパルス耐性 低リアクタンス 低TCR- 最小5 ppm/°C 長期安定性 最大1 W @ 70 °C 2 ppm/°Cの対応するセットを用意

仕様

  • 入数:1箱(250個入)
  • 抵抗:9.31kΩ
  • 定格電力:0.25W
  • 許容差:±0.1%
  • テクノロジー:金属皮膜
  • シリーズ:HOLCO
  • ケーススタイル:フォーマル
  • 温度係数:±15ppm/°C
  • 終端スタイル:アキシャル
  • 寸法:2.5 (Dia.) x 7.2mm
  • 長さ:7.2mm
  • 直径:2.5mm
  • 最小温度係数:-15ppm/°C
  • RoHS適合状況:適合
  • コード番号:164-2150

64-0298-06 [取扱停止]金属皮膜抵抗器 HOLCOシリーズ 9.31kΩ 0.25W ±0.1% H89K31BYA

64-5525-53 PRKACB Rabbit pAb 50uL A5324

縮合剤選びのポイントを解説!アミド結合生成反応を学ぼう

ケミカルバイオロジー研究に欠かせないアミド結合 アミド結合は、ペプチドやタンパク質を始めとした生体分子の基礎となる他、医薬品や生理活性化合物にも頻出する重要な…

超純水と硬水で抽出効率はこんなに違う!お茶・コーヒーの抽出で比較

水は、抽出などのサンプル前処理や器具の洗浄、ブランク水やサンプルの希釈などあらゆる場面で必要となるため、実験室で使わない日はないといっても過言ではないでしょう。…

TOC測定方法を理解し超純水を適切に管理しよう

その超純水は本当に超純水? その名の通り不純物がほとんど含まれていない超純水。通常、水道水を50mプールに満たせばドラム缶2本分の不純物が含まれると言われます…

基本を学ぶ。酵素と阻害剤の反応速度論

酵素阻害剤について理解するために 酵素阻害剤は酵素による生化学的な反応を阻害するため、研究や医療など様々な用途で活用されています。酵素阻害剤について理解し、利…

pETシステムにおける発現タンパク質の抽出・精製のポイント

発現したタンパク質を回収する際に確認すべきこと pETシステムは、大腸菌を用いた組換えタンパク質のクローニング・発現システムのひとつです。この記事では、pET…